会議室でのミーティング

​ストレングスファインダー®とは

​自分の強みにフォーカスをして成果を出していくためのツール

ストレングスファインダー®は仕事で成功するためのビジネスツールです

 ストレングスファインダー®は、米国の調査・マーケティング会社であるGallup社が50年以上にわたって200万人以上のビジネスパーソンを調査した結果と、「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」というドン・クリフトン氏(心理学者)の考え方に基づいて開発された、「才能診断」ツールです。

​才能(資質) × 投資 = 強み

 Talent  x  Investment =  Strength

【才能(資質)】Talent

才能とは、無意識に繰り返される思考・感情・行動のパターン。

資質とは、人の才能をGallup社が34種類に分類したもの、才能の集合体。

【投資】Investment

意識をして才能の使い方を練習する、才能を活かしたスキル開発をする。

【強み】Strength

​才能を効果的に使って成果を出す、最少の努力で最大のパフォーマンスを発揮する、自分にとって自然な行動がポジティブな結果を引き寄せる、自分の得意分野が明確になる

ストレングスファインダー1.png

 自分が無意識に持っている特性を理解し、これを上手に活用することで「強み」になります。才能を知り、強みとしての使い方を理解し、強みにフォーカスした行動をして成果を出す。これが、ビジネスで成功する(=大きな成果を出す)ことにつながります。

​ストレングスファインダー®の34資質

 ストレングスファインダー®では、人の持つ才能を34の資質に分類し、さらにそれらを4つの資質群にまとめています。診断テストのレポートでは、その人の資質を高い順に表示します。

「実行力」の資質群

達成欲、アレンジ、信念、公平性、慎重さ、規律性、目標志向、責任感、回復志向

「影響力」の資質群

活発性、指令性、コミュニケーション、競争性、最上志向、自己確信、自我、社交性

「人間関係構築力」の資質群

適応性、運命思考、成長促進、共感性、調和性、包含、個別化、ポジティブ、親密性

「戦略的思考力」の資質群

分析思考、原点思考、未来志向、着想、収集心、内省、学習欲、戦略性

 診断テスト結果が出たら、そのレポートを読むと同時に、ストレングス・コーチによるコーチング(ワークショップ/個別コーチング)を受けることをお薦めします。自分のこれまでの言動の理由が分かり、これからどのように考え行動をしていくべきかが見えてきます。

​お問い合わせ・ご相談

​サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせください。

080-5498-2077